第13回公演「病気」

home > archive > 第13回公演「病気」
Pocket

第13回公演「病気」?第13回公演「病気」
「あなたが愛していたのは誰?」

ワンルームマンションの一室。
女と、男、が、暮らしている。

女は過食症で、食べては吐き、食べては吐きを繰り返している。
男は、……部屋のクローゼットに閉じ篭っている。
そして、
男は女を殺すことばかり考えて暮らしている。

すぐからっぽになる小さな冷蔵庫は、中から凍りついたのか、冷凍室のドアが開かなくなってしまった。
部屋には食べ散らかしたゴミがあふれかえっている。
女はその汚い部屋で、尋常ではないほどの量を食べ、食べてはトイレで嘔吐している。
男はそんな女を殺すことばかり考えて暮らしている――。

庭の「がっかりシリーズ」三部作完結編は、心の闇と光を描いた奇妙な愛憎劇。

上演記録

日程:2008年9月13日(土)~9月23日(祝・火)
会場:田中酒販ビル401号室

出演:河村裕子・野口和夫(演劇作業室 紅生姜)

作・演出:藤本瑞樹
舞台監督:今井貴之
宣伝美術:筥松新町現代芸術研究会
制作:石田磨矢・梨田麻衣子
プロデューサー:北村功治(北中)
企画・製作:劇団 二番目の庭

協力:杉山聡・田中酒店

北九州市文化振興基金事業