第3回公演「ほんとうはどこにもないこいのはなし」

home > archive > 第3回公演「ほんとうはどこにもないこいのはなし」
Pocket

「こいごころ」なんて、ほんとうにあると思う?

週末になると弾き語りをする若者が多くなる駅前。
もうすぐ閉館することが決まった、小さな町の、小さな映画館。
南に向かう電車の中。
出会いと別れが交錯する、春の駅の改札口。

春、夏、秋、冬それぞれに別れた、世界のどこかでほんとうにあったことかもしれないし、ほんとうはどこにもないのかもしれない、よっつの恋の物語。

上演記録

日程:2003年4月5日(土)・6日(日)
会場:旧百三十銀行ギャラリー

出演:白石健一・山口千琴(客演)・水野慶子・末松佐知子・藤本瑞樹

作・演出:藤本瑞樹
舞台監督:白石健一
舞台美術:河村裕子
照明:白石健一
音響:藤本瑞樹
衣装:河村裕子・末松佐知子
小道具:道具屋 陵
広報:水野慶子
制作:劇団 二番目の庭

協力:北九州市立大学学生課・防災センター・西小倉市民福祉センター・ケイトミュージック・犬小屋製作・avanti・おいらの街・デジタルデザインオフィスオーグ・小倉北中央公民館・北九州演劇祭事務局・「(仮称)北九州芸術劇場」準備事務局・fringe・株式会社青柳・北川睦美・旧百三十銀行ギャラリー